理学部について

  • 理学部TOP
  • 理学部長挨拶
  • 理学部の概要と沿革
  • 教育の特徴
  • 理学部所在地
理学部・理学研究科年報

関連リンク

  • 福岡大学

新着情報

2016年12月2日 New!

12月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。12月は、2日(金)・9日(金)・16日(金)の18:00から開催予定です。 今月は火星や海王星、天王星が見えます。早い時間なら、水星が見えるかもしれません。 皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。 

詳しくはこちら →→→ 12月の観望会


2016年11月22日 New!
福岡大学理学部・林政彦教授(地球圏科学科)が11月27日(日)、第58次日本南極地域観測隊夏隊の一員(福岡大学海外研修員)として南極の地に向かいます。ついては、出発に先立ち、林政彦教授が南極大気環境研究の最前線や今回の観測隊における意義について語る講演会および記者会見を下記のとおり開催しますので、ご出席をお願いします。

 日 時:11月24日(木)19:00~19:40
 場 所:福岡大学18号館1825教室(別紙地図参照)
 講 師:林 政彦(福岡大学理学部教授、第58次南極地域観測隊夏隊員)
 テーマ:「南極における大気環境観測の現状と無人航空機観測の展開」

プレスリリースはこちら

 

2016年5月26日
2016年国際化学オリンピック・ジョージア大会代表選手の強化合宿を5月21日(土)と22日(日)に行いました。西日本新聞5月22日朝刊に掲載されました。

プレスリリースはこちら  新聞掲載記事および参加者集合写真はこちら 

2016年5月20日

5月・6月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。5月・6月は、木星・土星・火星を見ることができます。6月14日には月をみることができます。まだクレーターを見たことがない人はぜひ。皆様奮ってご参加ください。 

 詳しくはこちら→→→ 5月の観望会 6月の観望会

2015年10月19日

化学科の塩井成留実助教の研究テーマ「毒ヘビ血液蛋白質群の毒素阻害機構の解明」が第10回内藤記念女性研究者研究助成に採択され、内藤記念財団より研究費補助(平成28〜30年度)を受けることが決定しました。

2015年10月19日

理学部45周年記念「同窓会」のお知らせ
45周年記念講演に合わせて、同窓会・懇親会を開催致します。卒業生の皆さまには奮ってご参加頂き、旧交を温め理学部の豊な将来を展望して頂ける機会になれば幸いです。
理学部同窓会の詳細および申込については、下記へお問い合わせください。
 お問合せ先 福岡大学理学部創立45周年記念事業実行委員会事務局
 TEL 092-871-6631 内線2251〜2253 FAX 092-865-6030

 2015年7月23日

市民講演会「地球と宇宙」開催のお知らせ
福岡大学理学部は、本年創立45周年を迎えたのを記念し、高校生や一般市民を対象に市民講演会「地球と宇宙」を開催いたします。
 日時 平成27年11月21日(土)14:00-17:30
 会場 電気ビル4F みらいホール(福岡市中央区渡辺通)
講演会の詳細および受講申込方法はこちら

2015年7月23日

8月8日(土)に福岡大学オープンキャンパスが開催されます。
理学部でもさまざまな展示・実験・見学ツアーを準備し、皆さまのご来場をお待ちしています。
日程等の詳細については、こちらをご覧ください。

2015年7月15日

地球圏科学科の西憲敬准教授が平成27年度文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞!
参画しているダジック・プロジェクト(学校や科学館や家庭で天体を立体的に表示するプロジェクト)が高く評価されたものです。
詳細はこちらをご覧ください。

2015年7月7日

7月3日に理学部で女子高校生向け「ミニオープンキャンパス」を開催!
このイベントは、理系への進学を目指す女子高校生をターゲットに、本学のオープンキャンパスに先がけて理学部で独自に行ったものです。
48名の参加者に対して、理学部4学科の紹介や施設見学が行われました。
当日の様子はこちら

2015年4月22日

福岡大学理学部の後援により、ITに関わる様々な人々が集い、近い未来について語り合うトークイベント「Future Sync vol.5」が2015年5月16日(土)に開催されます。
多岐に渡るテーマのセッションが会場内の複数の部屋で一斉に進行していきます。
ふるってご来場ください。

2015年2月17日

理学部および大学院理学研究科の教育・研究・社会における活動についてまとめた
こちらのページからご覧頂けます。

 

 

 

 

 

受験生の方へ在学生の方へ

学科一覧

応用数学科

応用数学科

教職希望者が多く,ほぼ5割もの卒業生が教員免許を取得します。数学や情報分野を基礎から幅広く学ぶことで,社会で役立つ数理的な考え方が養えます。
→詳しくはこちらから

物理科学科

物理科学科

物理科学科では、身の回りの現象から目に見えない世界までをも対象にし、実験・理論・情報処理などを学びます。入学をお待ちしています。
→詳しくはこちらから

化学科

化学科

新しい機能性物質を探求する「物質化学」と生命の不思議を解き明かす「生命化学」の選べるコース制で,物ごとを化学のコトバで語り見極める力を育てます。
→詳しくはこちらから

地球圏科学科

地球圏科学科

個々の相互関連性と地球圏全体について、これまでとこれから先を見通せる幅広い視野を持った人材の育成をめざしています。
→詳しくはこちらから

インスティテュート紹介

社会数理・情報インスティテュート

社会数理・情報インスティテュート

→詳しくはこちらから

ナノサイエンス・インスティテュート

ナノサイエンス・インスティテュート

→詳しくはこちらから

「社会数理・情報」,「ナノサイエンス」の2つのインスティテュートを新設

平成20年度から理学部に「社会数理・情報」と「ナノサイエンス」の2つのインスティテュートが新設されました。どちらのインスティテュートも,1学年が15名や20名程度の小さな組織で,実習や実験を多く取り入れた少人数教育を受けることができます。入学試験も既存の学科とは別に,それぞれのインスティテュートが独自の科目で行います。

インスティテュート(institute)とは?

インスティテュートとは,ナノサイエンスや社会数理のように,特定の対象を決め,それを理解するのに必要な基礎知識を,文系と理系,あるいは,物理と化学といった分野の垣根を越えて学ぶ,新しい教育組織のことです。