理学部について

  • 理学部TOP
  • 理学部長挨拶
  • 理学部の概要と沿革
  • 教育の特徴
  • 理学部所在地

理学部について

2017年9月20日 New!
固武 慶准教授(物理科学科)が平成28年度特別研究員等審査会専門委員として有意義な審査意見を付したことにより日本学術振興会から表彰されました。

詳しくはこちら
2017年9月11日

9月・10月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。9月22日(金) ・10月20日(金)27日(金)の19:00から開催予定です。今月はギリギリ土星をみることができます。今年最後の土星をお楽しみください。皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。

詳しくはこちら →→→ 9月・10月の観望会

2017年7月17日

オープンキャンパス2017のお知らせ

福岡大学では8月5日(土)にオープンキャンパスが開催されます。理学部においても各学科の紹介や公開実験を行いますので、受験生の皆さんはもちろん、これから進学を検討する高校1・2年生、保護者の方もぜひご来場ください。

理学部説明会・公開実験等の詳細はこちら

2017年6月21日

6月・7月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。6月23日(金) ・7月14日(金)21日(土)の20:30から開催予定です。今月は木星と土星をみることができます。そろそろアルビレオもみえます。皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。

詳しくはこちら →→→ 6月・7月の観望会

2017年5月31日

理学部講演会のお知らせ

「南極で見てきたものー第58次南極地域観測隊の観測と旅」
講師: 林 政彦(理学部地球圏科学科教授)
日時: 2017年6月12日(月)16時30分~
場所: 中央図書館1階多目的ホール
対象: 教職員・学生(参加費無料・予約不要)

2017年4月24日

4月・5月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。4月28日(金) 29日(土)・5月26日(金)の20:00から開催予定です。今月は木星が見頃です。木星の縞模様や衛星を確認してみましょう。皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。

詳しくはこちら →→→ 4月・5月の観望会

2016年12月2日

12月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。12月は、2日(金)・9日(金)・16日(金)の18:00から開催予定です。 今月は火星や海王星、天王星が見えます。早い時間なら、水星が見えるかもしれません。 皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。 

詳しくはこちら →→→ 12月の観望会


2016年11月22日
福岡大学理学部・林政彦教授(地球圏科学科)が11月27日(日)、第58次日本南極地域観測隊夏隊の一員(福岡大学海外研修員)として南極の地に向かいます。ついては、出発に先立ち、林政彦教授が南極大気環境研究の最前線や今回の観測隊における意義について語る講演会および記者会見を下記のとおり開催しますので、ご出席をお願いします。

 日 時:11月24日(木)19:00~19:40
 場 所:福岡大学18号館1825教室(別紙地図参照)
 講 師:林 政彦(福岡大学理学部教授、第58次南極地域観測隊夏隊員)
 テーマ:「南極における大気環境観測の現状と無人航空機観測の展開」

プレスリリースはこちら

 

2016年5月26日
2016年国際化学オリンピック・ジョージア大会代表選手の強化合宿を5月21日(土)と22日(日)に行いました。西日本新聞5月22日朝刊に掲載されました。

プレスリリースはこちら  新聞掲載記事および参加者集合写真はこちら 

2016年5月20日

5月・6月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。5月・6月は、木星・土星・火星を見ることができます。6月14日には月をみることができます。まだクレーターを見たことがない人はぜひ。皆様奮ってご参加ください。 

 詳しくはこちら→→→ 5月の観望会 6月の観望会

2015年10月19日

化学科の塩井成留実助教の研究テーマ「毒ヘビ血液蛋白質群の毒素阻害機構の解明」が第10回内藤記念女性研究者研究助成に採択され、内藤記念財団より研究費補助(平成28〜30年度)を受けることが決定しました。

2015年10月19日

理学部45周年記念「同窓会」のお知らせ
45周年記念講演に合わせて、同窓会・懇親会を開催致します。卒業生の皆さまには奮ってご参加頂き、旧交を温め理学部の豊な将来を展望して頂ける機会になれば幸いです。
理学部同窓会の詳細および申込については、下記へお問い合わせください。
 お問合せ先 福岡大学理学部創立45周年記念事業実行委員会事務局
 TEL 092-871-6631 内線2251〜2253 FAX 092-865-6030

 2015年7月23日

市民講演会「地球と宇宙」開催のお知らせ
福岡大学理学部は、本年創立45周年を迎えたのを記念し、高校生や一般市民を対象に市民講演会「地球と宇宙」を開催いたします。
 日時 平成27年11月21日(土)14:00-17:30
 会場 電気ビル4F みらいホール(福岡市中央区渡辺通)
講演会の詳細および受講申込方法はこちら

2015年7月23日

8月8日(土)に福岡大学オープンキャンパスが開催されます。
理学部でもさまざまな展示・実験・見学ツアーを準備し、皆さまのご来場をお待ちしています。
日程等の詳細については、こちらをご覧ください。

2015年7月15日

地球圏科学科の西憲敬准教授が平成27年度文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞!
参画しているダジック・プロジェクト(学校や科学館や家庭で天体を立体的に表示するプロジェクト)が高く評価されたものです。
詳細はこちらをご覧ください。

2015年7月7日

7月3日に理学部で女子高校生向け「ミニオープンキャンパス」を開催!
このイベントは、理系への進学を目指す女子高校生をターゲットに、本学のオープンキャンパスに先がけて理学部で独自に行ったものです。
48名の参加者に対して、理学部4学科の紹介や施設見学が行われました。
当日の様子はこちら

2015年4月22日

福岡大学理学部の後援により、ITに関わる様々な人々が集い、近い未来について語り合うトークイベント「Future Sync vol.5」が2015年5月16日(土)に開催されます。
多岐に渡るテーマのセッションが会場内の複数の部屋で一斉に進行していきます。
ふるってご来場ください。

2015年2月17日

理学部および大学院理学研究科の教育・研究・社会における活動についてまとめた
こちらのページからご覧頂けます。

 

 

 

 

 

 
2016年12月2日 New!

12月の理学部観望会のお知らせ

理学部観望会では、28cmシュミットカセグレン望遠鏡で惑星や月、二重星などを観測します。12月は、2日(金)・9日(金)・16日(金)の18:00から開催予定です。 今月は火星や海王星、天王星が見えます。早い時間なら、水星が見えるかもしれません。 皆様奮ってご参加ください。学生だけでなく、職員の皆様、ご家族の参加も歓迎します。 

詳しくはこちら →→→ 12月の観望会


 

オープンキャンパス2017

固武 慶准教授(物理科学科)が平成28年度特別研究員等審査会専門委員として有意義な審査意見を付したことにより日本学術振興会から表彰されました。

関連リンク

  • 福岡大学
  • 理学研究科

教育の特徴

入口から出口までしっかりフォロー きちんと学べる理学部の4年間

リメディアル教育

「高校で習ったけど、自信がない」 そんなあなたをバックアップ!
 理学部で学ぶ内容は、高校までに学習した理科や数学を基盤として、さらに発展させるものです。しかし、「物理は得意だったけど、化学は苦手」「この単元はなんとなく自信がない」など、大学での勉強に不安を抱いている人も多いことでしょう。
 福岡大学理学部では、1年次に「リメディアル教育」を取り入れています。リメディアルとは「学びの足並みをそろえる」という意味。自分の苦手な部分に取り組み、大学の講義内容のスムーズな理解へとつなげていきます。複数のスタッフが学生ひとりひとりに納得がいくまで解説するので、「理解できないまま取り残されてしまう」ということにはなりません。

少人数による実践的教育

少人数だから、手にとって実感できる
 福岡大学理学部では、入学直後の1年生4〜5名ずつを個人的に何でも相談できる教員「チューター」が担当する「チュートリアル制度」を導入しています。大学で初めて学ぶ専門的な内容についての質問だけでなく、キャンパスでの生活に関する相談にも応えます。初めは慣れない大学生活でも、サポートは万全です。
 一方、理系学部ならではの実験科目や演習科目でも、少人数のグループごとに教員がつき、実践的な内容について細かな指導を行い、知識・技術の習得を高めています。また、大学生活のしめくくりとなる「卒業研究」は、研究者として独り立ちするためのトレーニングでもあります。ここでも、教員がマンツーマンで指導し、学生自身の手による高度な研究の遂行をサポートします。在学期間をとおした教員や先輩・後輩との数多くのふれ合いが、あなたの人としての成長も大きく後押ししてくれるはずです。

卒業研究・卒業論文

自分自身で解き明かし、世界へ発信しよう
 学部でさまざまな専門知識を身につけたあなたの最後の総まとめは「卒業研究」「卒業論文」です。一人ひとりが世界に一つ、あなただけの研究テーマを担当し、約1年をかけてその解明に取り組みます。誰も挑んだことのない研究テーマですから、どんな面白い結果が得られるのか、あるいは、方法さえわからないこともあり戸惑うかもしれません。難しいパズルを組み立てるように、謎を一つずつ地道に解き明かすことこそ、科学の醍醐味と言えるでしょう。あなたも一人の科学者として「解き明かすよろこび」を満喫できます。さらに、そうして得られた成果は、大勢の聴衆の前での発表会や後世に残る研究論文として発表します。国内外の学会での発表も夢ではありません。

就職もしっかりサポート!

将来への備えも忘れていません
 大学入学はゴールではありません。4年後には「就職」という次の大きな人生のスタートが待っています。福岡大学理学部では、学生のみなさんが自分らしい進路を選択し円滑な就職活動を行うためのサポートとして「就職懇談会」などのイベントを開催しています。これらのイベントでは、福岡大学理学部を卒業してさまざまな業種で活躍しているOBや企業の人事担当者を招き、社会の動向や社会人としての心構えなどを知ることができます。また、就職活動に自信をもって臨むために、先輩から体験談を聴き実践的なトレーニングを行う機会も提供しています。
 一方、福岡大学の就職・進路支援センターが提供する豊富な求人資料や各種セミナー、エクステンションセンターが提供する公務員講座や教員講座も自由に利用することができ、自らの目標に向かって充実した学生生活を送ることができます。

Page Top