福岡大学理学部

化学科

研究紹介

化学科には様々な研究分野があり、多岐に渡った研究が行われています。以下に簡単な紹介をまとめました。
より詳しいテーマ等は各研究室個別ホームページをご覧ください。

研究室一覧はこちら

新反応と新物質で未来を拓く

大熊健太郎教授 ・ 塩路幸生准教授 ・ 長洞記嘉助教

 自然界には、硫黄や窒素原子が含まれていて、薬理的に有用な有機化合物が数多く存在しています。もしもこのような物質を合成できる方法が開発されれば、新たな薬などの開発に非常に有効です。そこで、硫黄や窒素、セレン、リンなどの原子を含むこれまでにない物質の合成、さらに新しい化学反応の開発研究を行っています。
 また、生命体を構成する細胞の中では、タンパク質や脂質などの分子が、相互に様々なシグナルをやり取りすることで体の機能を正常に保っています。この研究では、いくつかの仕掛けを施した小さな有機化合物を開発し、細胞内に送り込むことで、「シグナル物質と化学反応を起こし、光などの信号としてその働きを映像化する」ことを目的としています。

「環状ホスト」で、生命の化学を探求する

林田 修教授 

 生命体の中では、酵素が特定の基質分子だけを識別できる「基質特異性」が知られています。これを化学の言葉で「分子認識」と呼びます。この「分子認識」を理解できれば、基質分子の構造に合わせて設計された「ホスト」と呼ばれる分子を合成し、うまく適合する基質分子すなわち「ゲスト」だけをホストの中に取り込むことができます。生命体が持つ優れた分子認識などの機能を人工の分子で再現しようという狙いです。このような新しい分子の化学は「バイオミメティック化学」と呼ばれ、この新しい化学を使って、生命現象を化学の視点から解明し探求することを目指しています。たとえば、抗がん剤などの特定の「ゲスト」を捕捉し、送達・放出できる、ナノ空間をもった「環状ホスト」も開発しています。

分子触媒を、化学反応を、創り出す

松原公紀教授 ・ 古賀裕二助教

 有機化学に無機化学で扱う金属元素が関わると、それまでは不可能だった化学反応が可能になります。これは、「分子触媒」とよばれる、金属原子を含む小さな分子の働きによるものです。わたしたちは、新しい分子触媒を次々と創り出すことで、これまでにない化学反応や新しい機能を持った化学物質を開発することが可能になると考え、研究を行っています。

たった一個の分子がセンサーになる

安藤 功教授 ・ 濱口智彦助教

 通常、世の中の化合物は全て安定であると考えられます。しかし、あえて不安定な状態を意図的に作り出す事で、そのような化合物は環境の変化に応答し、様々な最適の状態を取る事が可能になります。この事を応用して、わたしたちは、光・熱・化学物質などといった外部からの刺激に応答して、構造や色など分子の性質が変化する金属錯体を合成し、そのふるまいについて研究しています。

金属錯体の新しい使い方。金属錯体集合体をつくる

川田 知教授 ・ 石川立太助教

 私たちの身の回りにはたくさんの金属錯体が存在します。たとえば血液中にあるヘモグロビンの中心には鉄錯体が存在し、酸素分子を運搬しています。こうして金属錯体は、金属元素と金属に結合する分子の構造の違いによって、様々な機能を持ちます。一方、生体内ではタンパク質やDNAが様々な弱い結合の力(水素結合などの分子間力)を使って複雑な立体構造を形成し、それにより様々な生理的機能を発揮します。わたしたちは、金属錯体でもこのような分子間力を作るように設計すれば、金属錯体ならではの立体構造と全く新しい機能が現れるのではないかと考え、金属イオンと有機物がナノサイズに集合した、新しい機能をもつ金属錯体集合体を合成し、その機能を明らかにしています。

DNAの傷はどうやって治されるか?

倉岡 功教授・塩井成留実助教

 私たち生物が有するゲノムDNAは、生物が生きるために必要な遺伝情報を維持しています。物質としてのDNAは、放射線、紫外線、化学物質などの外的要因、また細胞の代謝過程で発生する活性酸素などの内的要因により絶えず損傷を受けています。この損傷は、DNA損傷と言って、細胞においては突然変異を引き起こしたり、「がん」を誘発したりします。しかし興味深いことに生物はその多種多様なDNA損傷から、自らを守るためにDNA修復という仕組みを持っていると考えられています。私たちは、身の周りの化学物質がどのようなDNA損傷を作り、どのように修復されるのか?を解析しています。

自ら遺伝情報を書き換えるRNA編集機構の意味は?

福田将虎准教授

 私たち生物は、細胞内でたくさんの種類のタンパク質を作り、それらが様々な働きをすることで生命活動を営んでいます。作られるタンパク質の情報は、遺伝情報としてDNAに記されていますが、実際は、DNAから写し取られたRNA分子の情報を使ってタンパク質は作られています。しかし、DNA情報はいつも忠実にタンパク質に伝わるのではなく、場合によってDNAの情報をRNAの段階で書き換える「RNA編集機構」が機能しています。私たちは、「何故、RNAの情報を書き換える必要があるのか?」という未解明の謎に興味を持ち、RNA編集の仕組みと生理的な意味を解明するための研究を行っています。

細胞膜の謎にせまる

山口武夫教授 ・ 田中英彦併任講師 ・ 永留重実助教

 ヒトの体は数100兆個の細胞からできています。この莫大な数の細胞が集まって心臓や脳などの組織を形成し、更にこれらの組織が集まって一つの生命体を形成しています。ところで、細胞が活性酸素、熱、高圧、紫外線などの“ストレス”に曝されたとき、細胞がどうやって死んでいくのか、その機構はまだよくわかっていません。例えば、“老い”で不要になった細胞の細胞死と、“ストレス”に曝された細胞の細胞死の違いです。この研究では、細胞膜にその謎が隠されていると考え、細胞膜の構造と機能などについて、詳しく調べています。

物質の状態変化はなぜ起こる?

祢宜田啓史教授 ・ 渡辺啓介助教

 物質の状態は分子の構造や性質とどのように関係するのだろうか?また、その状態が変化する時には分子はどのような働きをするだろうか?わたしたちは、上記の疑問を解き明かすことをめざして、原子・分子のミクロな世界からそれらの集合体であるマクロな世界の様々な性質を明らかにする研究を行っています。たとえば、水を冷却すると氷になり、また、液晶をディスプレーに使うと様々な形や色が出せます。これらは、熱や電場によって、より低いエネルギー状態が実現されることで起こります。このようなミクロからマクロな性質を解き明かす方法を使って、液体、液晶、固体での存在状態やそれらの間の状態変化の不思議を解き明かそうとしています。

「つながる事」だけでなく「つながり方」が大切

勝本之晶准教授 ・ 真田雄介助教

 高分子は、つかみどころのない物質です。固体になっても規則正しく分子が配列して結晶になるのは一部だけ、残りはグニャグニャと曲がりくねっています。このようなものを理解することは大変ですが、「つかみどころのなさ」こそが高分子材料特有の柔らかさと機能を生み出すのです。わたしたちは、高分子を構成する分子(単量体)のつながり方が高分子の性質や機能をどう変えるか、ということを研究しています。例えば左図のように、別種の単量体(●と○)をつなげるときのつながり方で溶媒への溶け方が大きく異なります。このような高分子を合成したり、その原因を調べたりしています。

誰も知らない水素結合の秘密を解く

仁部芳則准教授 ・ 山田勇治助教

 水素結合は、水の沸点が他の物質に比べて異常に高かったり、生物の分野においてもタンパク質の立体構造やDNAの2重らせん構造にとって必須の、私たちにとって大切な力です。この研究では、「少ない水分子が集まっている真空状態」という特殊な環境、そして強いレーザーの光を利用して、「水素結合ができたら、近くにいる分子の性質はどんな風に変化するのか」という非常にコアでマニアックな現象を観察しています。

量子ビームで水をはかる

山口敏男教授 ・ 吉田亨次助教

 私たち(大人)の体重の60%は水が占めています。人間をはじめ生物は生きていくうえで水は不可欠な物質で、もし地球上に水が存在しなければ生命は誕生していません。このようにもっとも身近な物質が水であることは明らかですが、地球上で水ほど奇妙な物質もありません。例えば、ナノメートル(10億分の1メートル)サイズの細孔に閉じ込められた水やタンパク質など生体分子の表面の水は、いくら温度を下げても氷にならないなど、コップの中の水とはとても違った振る舞いをします。わたしたちは、X線や中性子といった量子ビームを用いて、このような不思議な水の運動や構造(水分子の並び方)を観測しています。水の奇妙な性質の原因は何か、生命にとって水がなぜ不可欠なのか、などを分子のレベルで解明することを目標としています。

化学の力で歴史を紐解く

栗崎 敏准教授 ・ 市川慎太郎助教

 土器や鉄製品などの歴史資料の組成や構造といった化学的な情報は、文字の無い時代や書物が残っていない時代のものを取り扱う際に、非常に有用な指標となります。例えば、土器や鉄製品の原料は、地質が地域ごとに異なるので、組成や構造を正確に分析できれば、資料の起源を推定することができます。わたしたちは、化学的な分析方法の確立と資料の起源推定の指標となる成分の決定を行っています。

塩井成留実

化学科について

学科 問い合わせ先

化学科

〒814-0180
福岡市城南区七隈8丁目19-1
TEL: 092-871-6631(内線2252)
FAX: 092-865-6030
(理学部事務室)

学科新着情報

2018年11月7日 New!

キャリアデザインフォーラム2018を11月24日(土)に開催します。
就活生のみならず、2年生のみなさんも自分の将来を考える良い機会なので、ぜひご参加ください。
詳しくはこちら

2018年10月3日

当化学専攻の野瀬 可那子さんが、第12回バイオ関連化学シンポジウムでポスター発表賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2018年9月3日

当化学科に8月まで在籍されていた草野助教が理化学研究所に栄転されました。
さみしいながらもご活躍をお祈りいたします。

2018年8月28日 

博士3年の稲富 貴裕君が43rd ICCC2018においてポスター賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2018年6月20日

修士2年の松元圭佑君が第55回化学関連支部合同九州大会において優秀ポスター賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2018年6月20日

福田将虎准教授の研究紹介が「実験医学6月号」に掲載されました。
詳しくはこちら

2018年5月16日

当化学科におきまして、物質機能化学グループ(無機化学)教授または准教授1名の公募を行います。
詳細はこちら

2018年4月2日

当化学科におきまして、機能生物化学グループ教授1名の公募を行います。
詳細はこちら

2018年3月8日

当化学科におきまして、機能生物化学グループ助教1名の公募を行います。
詳細はこちら

2018年1月16日

キャリアデザインフォーラムサテライト企画が1月16日(火)に開催されました。
その時の様子はこちら

2017年12月18日

職員対抗駅伝大会に化学科チームが参加し、3位入賞を果たしました。
詳しくはこちら

2017年12月9日

草野修平助教が、2017年有機合成化学協会塩野義製薬研究企画賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2017年11月20日

当化学専攻の野瀬 可那子さんが、国際学会(ISNAC2017)でポスター賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2017年9月11日

当化学専攻の禪院 知寛君が、第5回水科学と水資源に関する国際会議でポスター賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2017年8月24日

8/21-24にウルサン大学との交流セミナーが開催されました。
詳しくはこちら

2017年7月20日

8/5(土)のオープンキャンパスで化学科では公開実験を行います。 詳しくはこちら

2017年4月20日

機能生物化学グループで公募を行います。
詳しくはこちら

2017年4月1日

新年度が始まり、倉岡 功先生が新たに化学科に赴任されました。
詳しくは教員一覧

2017年2月14日

福田助教の新たな遺伝子改変技術に関する論文が英国科学誌「Scientific Reports」に掲載されました。
詳しくはこちら

2017年2月4日

当化学専攻の野瀬さん、梅野君、野口君が、第39回分子生物学会でポスター賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2017年2月4日

当化学専攻の野瀬 可那子さんが、RNAフロンティアミーティング2016でベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
詳しくはこちら

2016年11月17日

山口敏男教授が平成28年度日本中性子科学会学会賞を受賞されました。 詳しくはこちら

2016年10月15日

本年度も次期就活生に向けて就職懇談会を開催しました。

2016年07月30日

本年度も福岡大学オープンキャンパスにおいて、化学科では様々な公開実験を実施する予定です。
日時 8月6日(土) 場所 9号館3階学生実験室

2016年4月1日

新年度が始まり、真田 雄介先生と市川 慎太郎先生が新たに化学科に赴任されました。
詳しくは教員一覧

2016年2月19日

川田教授の鉄錯体に関する論文が英国科学誌「Nature」に掲載されました。
詳しくはこちら

 

キャリアデザインフォーラム2018